• フコイダンとはなんなのか

    フコイダンとは、ワカメやコンブ、モズクなどに含まれるヌメリ成分に含まれる粘性多糖類の一種です。


    1913年にスウェーデンで発見され、近年ではさまざまな効果があることからサプリメントとして使われるようになっています。

    幅広い分野の視点からフコイダン情報探しのサポートをいたします。

    この効果で代表的なのが免疫力の向上です。

    YOMIURI ONLINEに関連した情報が掲載されています。

    フコイダンにはナチュラルキラー細胞やマクロファージといった、免疫機能において重要な役割を担う免疫細胞を活性化させる働きがあります。
    この免疫の向上は癌治療に大きく関わっていて、主に癌は免疫細胞の力が癌細胞の力に勝てないことで発症する仕組みになっています。そのため、免疫細胞の向上や活性化は癌の発症や、進行を遅らせる上で非常に重要な役割を担っており、癌予防や癌治療に使われることがあります。


    そして、癌細胞は自らの栄養を確保するために癌細胞自らが血管を新しく作る働きをしますが、フコイダンにはこの癌細胞が血管を新生することを抑える血管新生抑制作用があるため、より癌治療や進行を遅らせる働きがあります。
    また、フコイダンは食物繊維であり胃や腸などに最も集まりやすいことから、消化管の状態を整える効果があります。


    十二指腸潰瘍や胃潰瘍の原因となるピロリ菌がありますが、このピロリ菌を除菌する働きもあり胃を保護しています。

    他にも、肝細胞増殖因子という肝臓細胞や、あらゆる器官の組織の再生に作用するものを産生する働きがフコイダンにはあります。


    肝臓細胞が再生されることで、肝機能の向上などの効果が得られます。