初心者が債務整理で個人再生するメリットとデメリット

###Site Name###

債務整理のひとつに「個人再生」があります。

個人再生を行えば、債務額が原則5分の1に減額されます。

さらに、自己破産と違い、土地家屋や自動車といった資産を手放す必要がありません。

また、個人再生の手続きが開始されると、債権者は取り立てや差し押さえができなくなるなどのメリットがあります。

債務整理の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

債務整理初心者の場合、この手段はとても魅力的に感じることもあるでしょう。
しかし、個人再生にはデメリットも存在します。


まずブラックリストに名前が載ることで、初心者かどうかに関係なく、今後5年から10年はどこからも借金ができなくなります。



さらに、「官報」という機関誌に、住所と氏名が掲載され公に知られることになります。


また、個人再生は減額した金額を必ず返済できることが前提ですので、無職では申請できません。
今後3年あるいは5年の間、返済できる収入があると証明する必要があります。
それから、個人再生の申し立てをする際には、家計収支表と貯金の積み立ても必要になります。

それらが、実際に再生計画が実行できるかどうかの裁判所の判断材料になるのです。


なお、100万円以下の借金の場合は減額が認められませんし、5000万円以下の借金であることも定められています。

それから、初心者の人が見落としがちなのが税金ですが、個人再生で債務整理をしたからといって、税金は免責にはなりません。

しかし、分割払いの交渉は可能なので相談してみるとよいでしょう。

ブログの安心情報、今すぐ確認してみましょう。